ウェンディー・ママTOPへ
ウェンディー・ママ > グリーンアイズ > スタッフ丸ちゃんの突撃レポート!

  • はじめに詳しく読む

    • はじめまして!ウェンディー・ママのスタッフ丸ちゃんです!

      今回、グリーンアイズのコーヒーページを製作すると言うことで
      グリーンアイズのコーヒーを飲んでみてビックリしました!

      私はブラックコーヒーが苦手です。
      もちろん「苦くて飲めない」というのもありますが、飲んだ後に
      胃がもたれてしまって、乗り物酔いしたような気持ち悪さに襲われるからです。

      今回、グリーンアイズのコーヒーをオーナーさんに紹介してもらったんですが、
      いざ飲もうと思うと・・・ミルクと砂糖がない…!!
      とはいえ飲まない事には始まりません。という事でブラックで飲む事にチャレンジしました。

      結果…こんなに後味がスッキリしていて、胃がもたれないコーヒーがあったなんて…。驚きです。
      どうやったらこんなおいしいコーヒーが作れるんだろう!?
      私の頭の中はそれで一杯でした。
      気になる事が出来るとじっとしていられない性格の私(笑)

      「これはもう作っている方に直接お話を聞きに行きたい!」

      そう思ったらもう止まりません。
      グリーンアイズ珈琲を作っている森口さんへ突撃取材に行ってきました!


  • 焙煎に対するこだわり詳しく読む

    • 森口さんは突然のアポイントだったにもかかわらず、
      快諾。こころよく色々教えて下さりました!



      閉じる


      コーヒー豆は最初青いという事を初めて知りました。
      私達が見ているコーヒー豆は茶色い訳ですが、それは焙煎、つまり豆を焼いているからです。
      コーヒーに詳しい人からすれば当たり前の事かもしれませんが、私は目かウロコがポロリ。



      閉じる


      コーヒー豆を焙煎する時は空気の流れで焼きます。
      ガス調整など、最適な量や温度がありますがが、森口さんは手が覚えているとの事。
      私の相手をして頂きながらも慣れた手つきでスイスイ焙煎をする森口さん。
      す、すごい…。さすが職人さんです…。

      ガス圧は閉め気味で焼くと早く焙煎できるが、スモーク的な味が濃くなるとの事で、
      部屋の空気を循環させながらゆっくり時間をかけて、焙煎しておられました。
      なるほど、これが後味がスッキリしたコーヒーを作る秘訣でしょうか。

      190度前後で豆がはじける。パチパチという音がします。
      2回焼いてはじけさせるのがヨーロピアン。
      おぉぉ…!コーヒー豆がうっすら狐色に色づいて来たと思ったら、本当にパチパチ音がしてる!
      少し、焙煎途中の豆を取り出して見せてもらいましたが、さらに大きい音が聞こえてきました。
      栗とか連想して少し怖かったです…飛んできて火傷するんじゃないかな…ヒィィ。
      ※特にはねたりする事はなく、無事に焙煎されてる皆の元へ帰って行きました(笑)



      閉じる


      ちなみにヨーロピアンの由来も教えて頂きました!
      ヨーロッパの人がこのぐらい焙煎したものしか飲まないんだそうです。

      コーヒー豆は焙煎が終わると、冷却する場所に移動します。
      タンクのような所で、底が網目になっていて下に空気や水蒸気が抜けるんだそう。
      その先が何に繋がっているかという微妙な好奇心の元、行き先を辿ってみました。

      なにやら、白い水がバケツにジャバジャバ注がれている。
      あれ、なんだろう…。

       ・
       ・
       ・

      判明しました!
      あの白い水に見える液体はカフェイン!!
      なんと…カフェイン…。
      カフェインって目に見える成分なんですね。


      焙煎にかける時間は、大手で4分程度・半日で8トンも生産が可能なんだそうです。

      大型の焙煎機で「温風」を送風するので、一度にたくさん焙煎でき、焼き上がりの色はすごく綺麗。
      しかし芯まで火が通ってない事もあり、その場合、後味も良くない・胃がもたれる感じのコーヒーが出来上がる。
      私個人としてはご勘弁願いたいところです。

      グリーンアイズでは20〜25分程度かけてじっくり焙煎し、一ヶ月で2.5トン程度の生産量。
      時間・手間をかけているので後味がスッキリしたものが出来上がる。
      やっぱり良いものを作るには労力が必要なのね…。


      そうして、十分に熱を冷ました豆は別の入れ物に入れて保存されていました。


      閉じる


      ふと横を見ると、なにやら色々箱が分別されて保管されていました。
      なんだろう?
      よく見ると豆の大きさが違うような?

      実のところ、原産地によって色々特徴があるという事でした。
      ブラジル産のコーヒー豆は軽い。
      グァテマラは肉厚である、など。
      実際に少し豆を観察させて頂いたのですが、
      ブラジル産の豆は本当に軽い!あきらかに軽い!
      ほぼ同じような大きさなのにここまで違いが出る事に、またウロコポロリ。



      閉じる


      コーヒーを焙煎するところが見られるとは思っていなかったので、
      とても楽しんで見学できました♪


  • 珈琲豆へのこだわり詳しく読む

    • その後、森口さんが経営されている喫茶店に入って色々お話をお伺いしました。
      ウッドベースのテーブルとイス。
      赤レンガを要所要所に使った壁。
      可愛い!洋風な内装がすごく可愛い!
      コーヒーだけじゃなくて、店の内装にまで凝ってらっしゃる。
      この精神は見習わなければ…っ!

      コーヒー豆のお話。

      ヨーグルトとか納豆とかだとじっくり寝かせたものがおいしい、なんて話はよく聞きますが
      コーヒーの場合はどうなのでしょう?

      結論→焙煎に使用する生豆は新しい方がおいしいコーヒーが出来上がる。
      だそうです!個人的には新鮮な方がおいしいイメージだったので納得のお答え(笑)
      しかし新しい豆は水分を多く含んでいる為、しっかり抜かないと渋いコーヒーになってしまうんだそうです。
      だからあんなに少しづつ、ゆっくりと焙煎してらしたんですね!
      少しぐらいわからないのでは?と思うのですが、
      そこは森口さんのこだわり。手間がかかってもこだわる。
      ……さすがです。目からコンタクトレンズがポロリ。



      豆の種類で重さが違う。
      つまり同じ重さで違う種類の豆を並べた時に、量は全然変わってくる。
      しかし、空気の調整(バランス)で焼く為、体積量で統一して焙煎した方が
      バランス良く焙煎する事が出来る。



      そういえば、時々すっぱい感じがするコーヒーがある気がしてました。
      私から聞いた訳ではありませんが、お話の中でその真相が明らかに!

      各地で生産されているコーヒー豆の性質が変わってきているが、焙煎方法を変えていないのだろう。

      なるほど!その豆の性質に合った方法で焙煎しないとすっぱくなったりするんですね!
      かなり…シビアですよね?これ…。
      コーヒーってこんなに気を使わないとおいしいものが作れないんだ…。

       ・
       ・
       ・

      雑談も交えつつ、色々と勉強になりました!
      突然おしかけて申し訳ありませんでした。

      いやぁ…本当に知らない事が多すぎて、終始ビックリしっぱなしでした。
      取材に行ったのに、楽しませて頂き、ありがとうございました!


      そして帰り際、煙突の話をして下さいました。
      建物の横を見ると、ながーくのびた煙突。



      閉じる


      …んん?
      あまりに長いので、思わず建物の階数を数えちゃいました(笑)

      森口さんのお話では
      長い煙突を使用する事で、焙煎時に出る煙を良く吸い上げてくれる。
      これは、空気の出口が遠い方が、吸い込む力が強くなる事を利用しているんです。
      という事らしく、
      煙をしっかり抜いてやる事で、スモークくささの抜けた、スッキリとしたコーヒーになるそう。
      森口さんはこれにもこだわり、三階建て家屋の高さを越える煙突を用意されたそうです。

      最後の最後までこだわりの姿勢を見せて頂いて、私感服いたしました。
      忙しい中、快くお仕事を見せて頂いたり詳しいお話をして頂いたり、
      本当にありがとうございました。

      何も知らずに飲んでおいしかったコーヒーですが、
      ますますファンになりました。

      そんな一日でした♪


戻る